岡山の弁護士相談はにしがわ綜合法律事務所へ。個人・法人を問わず幅広いご相談に対応します。

岡山の弁護士 にしがわ綜合法律事務所

〒700-0901 岡山市北区本町3-13 イトーピア岡山本町ビル9階 (岡山駅東口 徒歩5分)
お車でお越しの際は,近隣の提携駐車場をご利用ください。

電話
受付時間

月〜金  9:00〜12:00
         13:00〜18:00

定休日

土曜・日曜・祝祭日

お気軽にご連絡ください

086-201-7830

慰謝料請求

慰謝料とは

慰謝料とは,一言でいうと「精神的苦痛に対する損害賠償」のことです。

にしがわ綜合法律事務所では,不倫・不貞行為,各種ハラスメント,名誉棄損,プライバシー侵害,医療事故,公害,薬害その他各種の慰謝料請求を取り扱っております。

不倫・不貞慰謝料

不貞行為とは

最判昭和54年3月30日・民集33巻2号303頁は,「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は,故意又は過失がある限り,右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか,両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず,他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務がある」と判示しています。

また,肉体関係を持ったと言えない場合であっても,婚姻生活を破壊に導くような行為があったと言える場合には,慰謝料請求が認められるものと解されています。

不倫・不貞慰謝料に関する裁判例の傾向

不貞行為を行った配偶者と第三者については,共同不法行為が成立し,両者の負う損害賠償義務は不真正連帯債務の関係となるものと理解されています。すなわち,不貞行為を行った配偶者と第三者は,共同不法行為が成立する限度で,同一内容の債務を負います(もちろん,二重払いが認められるということではありません)。

もっとも,配偶者と第三者の支払うべき慰謝料額は必ずしも同額ではなく,近時は,不貞ないし婚姻関係破綻の主たる責任は配偶者が負うべきであるとの観点から,不貞の相手方の支払うべき慰謝料額は,配偶者の支払うべき慰謝料額よりも制限されるとする裁判例も散見されます(諸外国では不貞行為の相手方に対する慰謝料請求を認めない立法例も多々あります)。

慰謝料額に影響する要素

不倫・不貞行為慰謝料の金額を左右する要素としては,不倫・不貞関係の発生・継続についての有責性(主導性)不倫・不貞関係の継続期間婚姻関係に与えた影響その後の経緯などがあります。

従来,不倫・不貞慰謝料請求の場合,200万円程度の請求が認められるケースが多いと言われてきましたが,最近は上記のような考え方(主たる責任は配偶者が負うべきである)の下,(配偶者でない)第三者の負うべき責任はやや制限的に認定される傾向があり,悪質性の程度に応じて,100万円~200万円を認めているケースが多いと言われています(もちろん,それ以上の請求が認められているケースが無いわけではありません)。

労働関係慰謝料

不当解雇

悪質な不当解雇(解雇無効)の場合,解雇後の未払い賃金の支払いとは別に慰謝料請求が認められる場合があります。

悪質な不当解雇とは,解雇前の事情として,退職強要がなされていた場合,ハラスメント(セクハラ・パワハラなど)がなされていた場合,適正な解雇手続が取られていなかった場合,不当労働行為などの場合です。

ハラスメント

セクシュアルハラスメントセクハラ),パワーハラスメントパワハラ)などが行なわれていた場合,ハラスメントに起因する休業や退職による損害(休業損害,逸失利益)とは別に,慰謝料請求が認められるケースがあります。

また,この場合,明らかに当事者間の私的な紛争と認められる場合でない限り,会社(使用者)も賠償責任を負うのが通常です。

慰謝料請求の弁護士費用

慰謝料請求の場合の弁護士費用は,以下のとおり,通常の民事事件と同様の基準となります。消費税別の表示となっていますので,ご注意ください。

着手金

 

経済的利益の額着手金
300万円以下の部分経済的利益の8%(最低10万円)
300万円を超え3000万円以下の部分経済的利益の5%
3000万円を超え3億円以下の部分経済的利益の3%
3億円を超える部分経済的利益の2%

 

報酬金

 

経済的利益の額報酬金
300万円以下の部分経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の部分経済的利益の10%
3000万円を超え3億円以下の部分経済的利益の6%
3億円を超える部分経済的利益の4%

※事案の内容・解決に要した時間により,30%の範囲内増減額することがあります。

お問い合わせ・ご相談予約はこちら

ご相談の予約、ご不明な点のお問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

  • ご相談者の意に沿わない営業はいたしません
  • 秘密は厳守いたします

おひとりで悩まず、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談予約はこちらの電話番号へ

086-201-7830

電話受付時間:月〜金 9:00〜12:00 / 13:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝祭日

お問い合わせはこちら

お気軽にご連絡ください

086-201-7830

電話受付時間:
月〜金  9:00〜12:00
         13:00〜18:00
定休日:土曜・日曜・祝祭日

所属弁護士によるブログ

事務所紹介

にしがわ綜合法律事務所

にしがわ綜合法律事務所

086-201-7830

〒700-0901
岡山市北区本町3-13
イトーピア岡山本町ビル9階

岡山駅東口 徒歩5分
(近隣に駐車場あります)

弁護士紹介はこちら

事務所概要はこちら

事務所地図・アクセス

主な業務地域

岡山市,倉敷市,津山市,
玉野市,笠岡市,高梁市,
総社市,赤磐市,備前市,
瀬戸内市ほか岡山県全域,
広島県福山市などの近隣地域

(県外の方であってもご来所が可能であれば対応いたします)